人は今しか生きられないの意味

よく、「人は今しか生きられない」って言うじゃないですか。

これって単に文章として読むだけだと「そうだよね」くらいの同意で終わるわけです。

でも、非常に深い、実感できる意味が、実はあります。

少し掘り下げてみましょう。

今しか生きられないとは、未来にも過去にも生きられないということ。

いや、未来や過去に生きるようなことは実際できるわけです。

将来のことを不安に思い、まだ経験していない先のことばかり考える。

過去の過ちを振り返り、落ち込む日々を過ごす。

これは未来や過去に生きているようなもので、今を未来や過去で塗りつぶしているわけです。

もちろん、これらは「よくないこと」であって、逆に「よいこと」、つまりよい未来や過去を今に持ち込むこともできる。

でも、どちらにしろ、これらは「今を作り出していない」わけです。

では今を作り出すとはなにか?

ここから本題に入っていくわけですが、人は自分の人生を作り出すということにおいて、「今」をどう過ごすかが重要になります。

今の連続、積み重ねが、私やあなたの人生になるからです。

具体的に言うと、「今どう在るか」。

これが、自分の人生がどういうものなのかを決定します。

どういうことか?

例えば、僕は「どうしてあなたはいつもそんなポジティブなのですか?」と聞かれることがあります。

答えを先に言えば、「それはポジティブで在ろうとしているから」です。

そうすると、「ポジティブでいることができません」と返ってきたりします。

いや、できませんとか、そういうことじゃないんです。

それは「ポジティブになろうとしていない」だけなのです。

「ポジティブで在る」を、今すぐしてください。

「ポジティブな存在に、今、なってください」なのです。

わかりますでしょうか?

誰しも、今、何者かなのです。

ポジティブになりたいのであれば、今、在ればいい。

在る? 在る、とは? そう思ったでしょうか?

在る、とは、今そういう存在である、そう存在する、ということです。

在る、という言い方で理解が難しいのなら、「振る舞う」でもいいです。

ポジティブな自分を今、振る舞ってください。

人は実は、何者でもあるのです。

誰にでもなれます。

ただ、振る舞えばいいのです。

だんだんと宗教チックな話に思えてきたと思います(笑)。

しかしこれはまだ哲学的な話にすぎません。

人は、過去の自分を知っていますから、その連続で「今」を在ろうとします。

しかし、過去の自分と、今の自分に、実はなんの連続性もないのです。

「あれ? 新田さん、あなたってそんな明るい人間でしたっけ?」みたいに言われるくらい、めっちゃ明るく振る舞うことも可能なわけです。

そして、信念さえ固まっているなら、そのめっちゃ明るい自分で、このままずっと過ごしたっていいわけです。

そのうち、その明るい自分のほうが定着し、まわりからの評価や印象も定着し、そういう存在になってしまう。

「今、どう在るか」を自分で決定して、その通りに生きることは可能なのです。

「GANTZ」って漫画の最初のほうに、加藤っていうキャラがいるんですが、彼は「自分はこうあるべきだ」ということを決めて行動しているシーンが、いくつか出てきます。

ヤクザみたいな人に女子が襲われそうになっているとき、加藤は「…よし」と覚悟を決めて、ヤクザを止めに入るわけです。

このとき、加藤はおそらく「自分は勇気を持つべきだ」という信念に従って行動し、実際、勇気のある人間になっています(在っています)。

これが積み重ねられれば、加藤は実際勇気をすぐに出せるようになり、まわりからの評価も「加藤は勇気のある人」に変わっていくでしょう

人は、「どう在るか」を自分で決定し、実際にそう「在る」ことができます。

これは、アイデンティティ(自己同一性)の問題です。

人は、どんな自分にもなれると先に書きましたが、例えば

「自分は机に座ったらすぐに仕事に取り掛かる人間である」とか

「自分は怒らず、人の話をよく聞き、理解してから理解する人間である」とか、先に決めておくわけです。

そうしよう、と自分の約束、信念にする。

そしてそれを守るわけです。

いきなりバーンとなりたい自分になるには、過去の自分が抵抗を示したりしますので、少し「慣れ」が必要ですが、そういう行動を積み重ねるほど、もうそうなっていくわけです。

自分がどう在るかは、イメージがあればことたります。

例えば、あなたは「戦士」にどういうイメージがあるでしょうか?

屈強で、諦めず、忍耐強く、真剣で、プロ。

そんなイメージがある中で「俺は戦士だ」と、今、在ってみましょう。

どうでしょうか? 「俺は戦士だ」とこころの中で唱えるほど、戦士のイメージに近づくように表情に厳しさが入り、眼力が強くなり、胸を張る姿勢に変わってきませんか?

そしてマインドも、そうした表情、体の動きをすることによって、だんだんと戦士らしく変わってきます。

「絶対に諦めねえ」「絶対に負けねえ」そういったマインドになってきたはずです。

「戦士」だけでなく「王様」ではどうでしょうか?

また「恋人」はどうでしょうか?

人は「自分はこうで在る」「こういう存在である」とイメージすれば、だんだんとそういう人に近づいていきます。

今この瞬間の力が、ここにあります。

どういう自分になりたいか? それは振る舞いを変え、自分のイメージを変え、自分の在り方を変えます。

在り方が変われば、生活が変わり、読む本が変わり、毎日のルーティーンが変わり、つきあう人が変わります。

そうすると、収入が変わり、影響力が変わり、作るものが変わるわけです。

「自分はこういう人間だから」という人がいますが、それは「今までこうしてきたからそう振る舞っているのが楽」なだけで、実際は変わりたくないだけです。

自分がどういう人間かは、今この瞬間から変えられます。

そして、変わっていくしか、よりよい未来に近づくすべはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください