モルジブの記録

どうも、ゲームを作ったりビジネスを作ったりしている新田です。

僕は起業してもうだいぶ経ったのですが、いろいろ旅行に行きました。

その中で強烈に印象に残ったのが「モルジブ」ですね。

インドの南西のほうにある、サンゴ礁の中にできた国です。

いわゆる南国リゾートです。

一週間くらい仕事を休んで、ビジネス仲間と行ってきました。

日本のサラリーマンをしていると長期休暇はなかなか取れないのですが、起業して時間が自由になると好きなときに休めていいですね。

7日のうち初日と最終日は移動日で、中5日はたっぷりと休暇を取り、そして朝晩はコース料理で舌鼓を打ちました。

以下はそのうちの一部です。

一度は南国リゾートに行きたいと思ってたのですが、やはり素晴らしいところでしたね。

旅行会社の南国リゾートのパンフレットに載っている景色がそのまんま目の前に広がっていたので、笑っちゃいました(笑)。

あと、この日のためにダイビング教室に通って、オープンダイバーという20メートルくらいまで潜れる免許を取って、潜ってきました。

以下は知り合いの投資家ですね。

終わったあと「めっちゃ疲れるし二度と潜らん!」と言ってました(笑)。

カクレクマノミ(実物)がいました。

で、ダイビングの山場が「マンタの巣」でした。

現地ではマンタは聖なる生き物だから、触らず、ぶつからないようにしてくださいと言われて遠巻きに水中撮影しました。

いやーこれが見れたときは感動でしたね。

すげえすげえとみんなで言ってました。

宿は水上ロッジで、一泊100万円と言ってた気がします。

写真を加工してきれいにすればいいんですが、面倒なのでこのまま上げます(笑)。

夕焼けが感動的にきれいでした・・・。

ひとつのサンゴ礁はそんなに大きくなくて、全景がこんな感じです。

この船でサンゴ礁を移動してました。

という感じで、まだまだ記録の写真とか動画はあるんですが、この辺にしておきます。

写真にはないのですが、夜になると空に天の川がすごくくっきりと広がり、非常にスピリチュアルな気分でした。

都会の喧騒から離れて静かに自然と接する機会を得て、自分はちっぽけな存在で、くだらないことでくよくよせず、もっと思い切って大雑把に生きてもいいなと思わされました。

夜の浜辺は、サンゴ礁の輪の中に波が入ってこないので静かです。

その浜辺で砂を蹴ると、夜光虫が光り、これもまた空の天の川と相まって幻想的な景色でした。

モルジブはもう一度行ってみたいですね。

地球にはまだまだ美しい景色がたくさんあると思いますので、生きているうちにそれらを全部回ってみたいですね。

自分たちのアプリ開発やサービス開発のプロジェクトを成功させ、そのお祝いに仲間たちとメガ旅行にいく、そういうのが理想です。

今ではワーケーションと言われてて、リゾートで仕事をするというのもちらほら出てきていますが、日本でそういう文化が当たり前になるには、もうちょっとかかりそうですね。

ということで、旅行の記録はぼちぼち上げていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください