マレーシアの記録

どうも、ゲームを作ったりビジネスを作ったりしている新田です。

今回はマレーシア旅行の記録を解説していこうと思います。

マレーシア旅行はビジネス仲間に誘われて行ってきたのですが、主に不動産投資の物件探しという目的で行ってきました。

マレーシアは新興国の中でだいぶ成長株で、Bricsやvistaといったグループには入ってませんが、投資が非常に盛んな国です。

都市部の開発も非常に盛んで、海外から不動産投資を目的にして見に来る人も多いようです。

温暖で暮らしやすいので起業家仲間には移住している人もいます。

以下は不動産物件の説明を受けているところです。

部屋の中も拝見。かなりラグジュアリーです。

都市部はだいぶ発展していて、日本でいう東京と似たような感じです。

高いビルが多く、密集度も高いですね。

文化的にはマレー系、中華系、イスラム系の3種類の人種が混じっていて、レストランもその3種類の店がひしめき合っていました。

お金持ちも多くて、スーパーカーがバンバン走ってました。

なぜかナンバープレートがないのですが、王族の車らしいとのことでした。

地面に砂で絵を描くデモンストレーション。

インドで見かけたことがあるような。

マレーシアというとツインタワー。

どっちがどっちだか忘れましたが、片方は日本の会社、もう片方は韓国の会社が作ったらしいです。

近所のバーでひとやすみ。トレーダーズビルのスカイバーというと有名らしいです。

王宮の門です。

観光客が大勢来ていましたが、中には入れません。

みんな門番と写真を撮っていました。

ツインタワーと記念撮影。

マレーシアで唯一と言われる温泉郷にやってきました。

ディナーはコース料理でした。

雰囲気がまさに南国リゾート。

宿泊するホテルには温泉とプールが併設されていました。

これは温泉。

プール。

で、次の投資物件も見に行きました。

これは郊外にある物件ですが、その分安く、内部も広いです。

だいぶラグジュアリーですね。

L字型のソファーと光ってるテーブルがいい感じですね。

シャワー室はホテルみたいです。

中華系のレストランにやってきました。

記念撮影。

ちなみに投資物件は買ってません(笑)。

ということでマレーシアの記録でした。

海外旅行というと南国リゾートというイメージが僕にはあるのですが、リゾートとは別に南国だけではなく、寒い地方の観光地もリゾートと言います。

マレーシア自体は特に有名な観光名所もないのですが、住みやすいところです。

日本から移住するならマレーシアかシンガポールとよく聞きます。

物価も税金も安く、治安もそこそこで気候も温暖でよいからです。

まあでも、僕としてはやはり日本が好きですね。生まれた国というのもありますが、治安は最高で、食べ物は世界のものが集まり、美味しいものばかりです。

食べ物が美味しいというのは、それだけで幸せのもとになると思います。

海外の食べ物はクセが強いものが多く、たまに食べればいいかなあというものが多いですが、日本食は質素なものに味のちょっと強いものを加える形が多いせいか食べ飽きない、というのが、海外に行っての印象です。

ですので、やはり日本を拠点にして、海外をいろいろ見て回ると言うのが、僕としては合っているなと思う次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください