なんでもないことが

なんでもないことが

ある学校からの帰り道、マークの前を歩いていた少年がつまずいた。
抱えていた本、セーター、野球のバットとグローブ、小型テープ
レコーダーがあたりに飛び散った。マークは駆け寄って落ちたものを
拾うのを手伝った。

同じ方向に家があるというので、荷物を少し持ってあげ、おしゃべり
しながら一緒に帰った。

自己紹介によると、少年の名前はビル。TVゲームと野球が大好きで、
歴史以外の科目は苦手だという。そして、ガールフレンドと分かれた
ばかりだと話した。

ビルの家に着くと、マークはコーラを飲んでいかないかと誘われた。
2人は午後の時間をTVを見たり、笑ったり、おしゃべりして楽しく
過ごした。

それからは、学校でもしばしば顔を合わせるようになり、昼食をとも
にすることもあった。結局、同じ高校に進学し、そんな着かず離れず
の付き合いはずっと続いた。

高校の卒業を3週間後に控えたある日、ビルがマークの家にやってきて、
彼らの最初の出会いを懐かしそうに話し出した。

 「マーク、あの日、なぜ僕があんなにたくさんのものを持ち歩いて
  いたかわかるかい?
  学校のロッカーから中身を全部持って帰ろうとしていたんだよ。

  僕のものを残したままにしたら、次に使う子が嫌な思いをする
  だろうと思ってさ...。

  実はあの頃、母さんは睡眠薬を飲んでいてね、僕は少しづつ
  こっそりためていたんだよ。君に初めて会ったあの日、家に着い
  たらそれを飲んで自殺するつもりだった。

  でも、君に出会って、そのまま一緒におしゃべりしたり、
  笑ったりしたよね。君が帰った後に、もしあのまま自殺していたら
  君との楽しい時間も持てなかったし、これから起きる沢山の素晴
  らしい事を経験することなく死んでしまうことになると思ったんだ。

  これでわかっただろう?

  マーク、君は僕の荷物を拾ったとしか思ってなかっただろうけど、
  あの日、僕の命も拾ってくれていたんだよ」

                 ジョン・W・シュラター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください