元海兵隊のスコット・ハリソンは、ベトナム戦争で膝を負傷し、わずか7ヶ月でアメリカに送還されることになった。

国に帰ってからは恥ずかしさのあまり、「他の兵士の目をまともに見ることができなかった」という。

ハリソンは罪悪感を紛らわせるために、アルコールとドラッグにのめりこんだ。

他人を避け、最終的にカリフォルニア州のサンノゼに移り住むと、船の修理の仕事についた。

サンノゼでも、できるだけ他人との接触を避ける生活は続いていた。

そして全長10メートルほどの帆船を自分で作ると、ひとりで太平洋の彼方に向かって出発した。

彼は気が動転し、船の上でずっと泣いていた。

大きな嵐が来て、この惨めな人生を終わりにしてほしいと心から願っていた。

願いが叶えられないまま30日目を迎えた時、船と同じくらいの大きさの鯨が近くにやってきて、ハリソンの目をじっと見つめた。

その鯨は、3時間から4時間くらい、ずっと船の横を泳いでいた。

そのときハリソンは、「今までに経験したことがないほど、大きな愛に包まれているのを感じた」という。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください