踠き、挑み、足掻く!それこそが死と対峙する者の唯一の剣!「さなぎの話」

蝶のさなぎの話って知ってますか?

ある男が散歩をしていると、道端で蝶のさなぎを見つけました。

男はそれを持ち帰り、蝶が出てくるのを待っていました。

さなぎはもぞもぞと動き、中で蝶が出てこようとしているのがわかります。

1時間、2時間、3時間・・・いくら時間が経っても、なかなか蝶は出てきません。

さなぎの中では一生懸命、蝶がうごめいているのがわかります。

男はだんだんと可愛そうになってきました。

そこで、男は迷いましたが、ハサミでさなぎを開き、蝶を出してあげることにしたのです。

ハサミでさなぎを開くと、蝶はいとも簡単に出てきました。

しかしその蝶は、羽はぐしゃぐしゃで、胴体は腫れ上がり、見慣れている蝶とは全然違ったものでした。

蝶は、その体のまま、テクテクと歩き、どこかへ行ってしまいました。

さなぎの中の蝶は、実はさなぎの中でもがき、あがくことで、成体としての蝶の体になることができるのです。

もがきあがくことが、立派な蝶になるためのプロセスだったのです。

男はよかれと思い、それを邪魔してしまったがために、蝶は中途半端な体のままになってしまい、成体になれませんでした。

これはなにを意味しているでしょうか?

そう、人も同じで、もがき、あがくことで、一人前になれるということです。

人に頼ってばかりでなく、自分で試行錯誤し、みっともないところも見せ、それでも一生懸命やるからこそ、最後にはなにかを成し遂げることができる。

誰でも最初は初心者であり、それを恥じず、諦めずに先に進もうとするからこそ、中途半端に終わらないで、一人前になることができる。

この話は、そういう意味がこめられていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください