オーストラリア ケアンズの記録

どうも、ゲームを作ったりビジネスを作ったりしている新田です。

今回はオーストラリアのケアンズに行ったときの記録です。

この旅行は知り合いの起業家たちの打ち上げ旅行に同行したものです。

場所的にはどこかというと、ここです。

ケアンズは熱帯地方に属しており、東にはグレート・バリア・リーフというサンゴ礁が広く広がっています。

そのせいで海岸は砂にまみれているところが多いのですが、その代わりに海水のプール(スイミング・ラグーン)が点在しています。

アボリジニというオーストラリア原住民の伝承を伝えるイベントも盛んで、今回は実際にそのイベントにも参加しました。

ということでケアンズ空港に到着です。

ホテルに移動し、昼食前に散歩がてら歩くと、すぐ海でした。

こんな感じで、海岸は砂で濁っています。

というわけで、海岸に隣接するように、プールが設けられていました。

観光客が多いです。

そして熱帯地方なのでめっちゃ暑いです。

昼食。

こっちもアメリカみたいにビッグサイズなのでしょうか。

そしてポート・ダグラスというところまで移動しました。

これは泊まったホテル・・・ではなく、宿泊地の近くにあったホテルです。

BEACH FRONT MIRAGE。「蜃気楼ビーチ」ってところでしょうか。

このへんは海岸がきれいです。

ふつーにエメラルドビーチでした。

そして夜。

始まります。

ディナーのナイトステージに現れたのは・・・。

アボリジニの楽器演奏でした。

アボリジニの楽器で有名なのが「ディジェリドゥ」。

テクノ好きならAphex twinというアーティストが同名の曲を出してるので知ってるかと思います。

低音のブオオオオオーーという音がブオンブオンと不思議な揺らぎを出します。

これがミニマルなテクノっぽくてかっこいいんですよね。

ということで演者の人たちと記念撮影です。

ボディペンディングがカッコイイ!

ということで宿に戻りました。

この宿は金持ちの別荘なんですが、いない間に貸し出しているとのことでした。

家のメンテついでに貸し出してる感じですね。

人が住んでたほうがきれいになりますし。

めっちゃくつろぐわあ~。

やっぱ南国リゾートは素晴らしいですね。

この麻の生地の椅子は南国リゾートでよく見るものですが、これに座ると南国に来たなーって感じがします。

屋外にはジャグジーもあれば、

プライベートなプールもある。

さすが金持ちの別荘です(笑)。

というより、アメリカやオーストラリアは土地が広いので、日本みたいに汲々とした建物じゃないんですよね。

プールつきのめっちゃ広い家を贅沢に使うのが当たり前です。

リビングがいくつもあるのが当たり前。

何十人でも泊まれる広さの別荘です。

やっぱり海外に住んだほうが気持ち的にも開放されるのかもしれませんね。

ということで別日。

ケアンズの食事はアメリカほどビッグサイズじゃないんですが、やっぱり肉が多い。

肉とポテトがうまい。

あとやはり海産がうまいですね。

小ぶりの牡蠣がいくらでも食べれます。

現地の食事に舌鼓を打ちました。

オージービーフ!!

と、食事を済ませたあとは、ローアイランドという、ケアンズの東海岸にある無人島へ来ました。

このへんは海が綺麗で、みんな気軽に船でやってきて泳いでる感じですね。

ものすごく小さな島で、歩いて10分もかからずに一周できます。

流れ着いた大木。

砂はサンゴの砕けたものが多く、とてもきれいです。

南国リゾートというと東南アジアばかりイメージしていましたが、オーストラリアも熱帯地方に入ってる部分が多いので、非常に暑く、まさに非日常でした。

観光客も大勢いて、ビーチを楽しんでいましたね。

見てください、この深い青の海。

ホテルもオーシャンビューが当たり前で波の音を聞きながらゆっくりと眠りの深みに入っていけました。

日本の雑踏の中の日常のなにもかもを忘れて、別世界を楽しむ。

海外旅行の醍醐味ですね。

ということで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください